{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

昆虫クラブ 「夕方 夜中 朝方」

¥4,400 税込

送料についてはこちら

  • ホワイト / Mサイズ

    残り1点

  • ホワイト / Lサイズ

    残り1点

  • ホワイト / XLサイズ

    残り1点

  • グレー / M

    残り1点

  • グレー / L

    残り1点

  • グレー / XL

    残り1点

  • ネイビー / M

    残り1点

  • ネイビー / L

    残り1点

  • ネイビー / XL

    残り1点

Sサイズ 肩幅42㎝ 身幅47㎝ 着丈61㎝ Mサイズ 肩幅46㎝ 身幅52㎝ 着丈66㎝ Lサイズ 肩幅50㎝ 身幅55㎝ 着丈70㎝ XLサイズ 肩幅55㎝ 身幅60㎝ 着丈73㎝ XXLサイズ 肩幅59㎝ 身幅65㎝ 着丈78㎝ 2年間の冬眠から昆虫クラブが目覚めます。 この2年はコロナで 外出しにくい状況となりました。 これだけ続くと本来のコンセプトから ズレてると感じたのが2021年。 屋外活動で着る昆虫クラブをリリースする気持ちになれず、 毎年新作をリリースしてきましたが昨年は活動休止となりました。 そもそも昆虫クラブとは何なのか? そこから説明が必要かもしれません。 東京で生まれ育ったシティボーイにとって カブトムシ、クワガタは英雄です。 それを思い出させてくれたのが2010年の夏。 先輩が欲しい人がいたら飼育してもらってと 1ペアくれたました。 忘れてたあの感覚が目を覚ます。 それからはカブトムシにクワガタの飼育、繁殖を楽しみ、 多い時には100匹以上の昆虫と暮らす生活でした。 昆虫は命ある生き物です。 それを子供達に知ってもらいたいと 欲しい子供達には差し上げていました。 ひと夏で経験できる命の勉強です。 さすがに多すぎると毎日の作業に支障が出るので 繁殖を辞めて手間のかかりすぎない飼育数になり、 現在に至ります。 ポリシーとして自分で採取した個体の 飼育にこだわっています。 昆虫クラブとはライフワークでもある 昆虫採集に特化したプライベートブランドです。 もう1つ明確なコンセプトがあります。 それは親子で着れるTシャツである事です。 昆虫採集とは子供にとって親と昆虫が英雄です。 新作を作る時には親子のサイズを受注生産で販売しています。 長い前置きはそろそろ終わりにして 今回の企画を説明させていただきます。 これまでに制作した個性的なデザインを 今のサイズ感、空気感で愛用したい。 数年前からそう思っておりました。 それを今年、作ります! この復活企画ではユニセックスサイズのみ 製作で子供用はございません。 この企画に何を採用するか考えた時、 すぐに決まったのが「夕方 夜中 朝方」でした。 これはカブトムシ達が森で活動する時間を 配色で表現したデザインです。 オリジナルは2016年。 昆虫クラブの代表作でもあります。 書体はあの有名なアウトドアブランド。 説明不要でしょうが実に今っぽいと思います。 白とグレーは染み込みプリント、 ネイビーは発色を優先してラバープリント。 共に色の出方にこだわりました。 これだけ多くの色を使う場合、 今では当たり前にインクジェットプリントです。 簡単に言いますとデザインを そのままデータをプリントする方法です。 今は技術も向上してますのでシルクスクリーンと 大差ない完成度だと聞いています。 多色の際は安価に綺麗に作れます。 当店は昔ながらのシルクスクリーンにこだわります。 これは1色に1版が必要となります。 それを重ねる事でデザインをプリントする手法で 古き良きアメリカのプリント方法です。 染み込みでは綺麗な発色をTシャツの中に表現し、 ラバーではTシャツの表面にラバーらしい質感で 綺麗な発色を表現します。 人の手で版を置いて、刷りますので どうしても生じるプリントのズレ。 これを多色で見ると凄い事をやってるなあ〜 と物好きは興奮する訳です。 多色のシルクがこの値段。 これも昆虫クラブの魅力です。 昔のアメリカTシャツの多くはオリジナルボディではなく、 ボディメーカーのボディにプリントを刷ります。 量産に向いているし、安価に製造できるからです。 昆虫クラブもその考え方です。 その中でもユナイテッドアスレのこのボディは タフで、着心地も良く、へたらない。 昆虫クラブではこのボディのみを使い続けています。 アメリカっぽさにこだわったスーベニアアイテム。 2022年の「しおり」として お楽しみいただければ幸いです。